40代後半を過ぎてから、テクオフの感覚がだいぶ変わってきた。

それは、テイクオフなんて
“パッって立てば良いんだ!難しくない”って
思ってましたが、年齢を重ねるにつれて、
パッって、じゃなくて、
モサッって、感じになっちゃう!
足が出ねえし。スタンスが決まんないし。

ミッドレングスに転向かなとか思っちゃいます。
頑張りが足りないのか、体が鈍ってきたのか?
そんなジレンマがあっても、そんなことはないと思っちゃう。

尖ったトライフィンがサーフィンだ!

オヤジになったことの認識をすれば、ショートボードはまだ大丈夫。
そこから脱することが出来れば、あの頃のあの感覚はまた、戻ってきます。

スポンサーリンク



浮力から考えると

平均的な40後半~50代半 中級者として

体重 リットル数
60~65kg 25~27L
65~70kg 27~29L
70~75kg 29~32L
75~80kg 33~36L
80~82kg 36~38L
82~85kg 38~42L

あくまでも目安ですが、体力、技量に応じて+3L位で考えています。

おさえておきたい事

浮力アップ=厚さアップと考えがちですが、
ここに終始すると冴えないボードになってしまいます。

浮力を上げるとともに、安定性も上げなければなりません。
そこで、重視したいのが最大幅です。

50cmは広いと考えるかもしれませんが、それでも充分ではなく
ボードデザインにもよりますが、51~52.5cmとしたいです。

スポンサーリンク



ボードデザイン

ボードデザインは最大幅が広いので
ノーズ、テールを極端に絞ること
アウトラインに影響します。

当然テールが広くなる事とすると、
フィンチョイスはクワッドとなります。

テイクオフ重視
スピード重視
回転性重視
縦の動きも重視



以上を含めてデザインするとこんなボードが出来ました。

ロッカーとコーンケイブが絶妙です。

数回の改良を行い、満足いくモデルの完成しました。

PU 5’6” クワッド 幅52cm 厚さ6.3cm 31L

 

 




PU クリア
83000円税別 長さ6’0”まで
送料無料
離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
お問い合わせフォームよりご連絡ください。